※各画像はクリックで拡大します。

種別 特急 運転区間 京都〜出雲市
京都〜下関
京都〜新宮
運行形態 団体列車 使用車両 117系 使用機関車

高価なクルーズトレインよりも気軽に乗れる夜行列車を。そうJR西日本が謳ったのは、2016年11月のことでした。

それから時は流れて2020年夏、予定よりも少し遅れて、”WEST EXPRESS 銀河”の名を冠した新たな長距離列車が誕生しました。
かつて東京〜大阪間を結んでいた寝台急行の名前が思わぬ形で復活することになり、その名付けに心をくすぐられた人も多いはず。

117系の改造によって生まれたWEST EXPRESS 銀河は、夜行列車として使える設備を備えながらも、夜行列車のみならず昼行列車としても
走ることがあり、ある種の583系的な(設備は夜行向きですが)要素をひっさげながら、JR西日本管内の直流区間を駆け抜けています。

当初はマルスに収容して一般販売する予定で、ネット予約システム(e5489)もそれに合わせて個室寝台等が予約できるように改修したものの、
様々な事情から団体専用列車として取り扱われることになり、”気軽に乗れる夜行列車”からは少しかけ離れた感もありますが、
それでも、絢爛豪華なクルーズトレインとは違った世界を提供してくれるWEST EXPRESS 銀河は、いま、新たな旅の選択肢としてきらめいています。








夜汽車の残像トップへ