※各画像はクリックで拡大します。

種別 急行 運転区間 上野〜金沢 運行形態 既廃止 使用車両 489系
485系
使用機関車

ボンネット型車両を使用する最後の定期列車、それが急行能登号でした。また、上野駅に出入りする最後の国鉄色の優等列車でもありました。
2010年3月のダイヤ改正で臨時列車に格下げされ、それ以降は、JR東日本の電気釜の485系による運転となりました。その臨時運転も、2011年度内の運転をもって終了しました。

寝台特急北陸号と運転区間が一致し、また運転する時間帯も非常に近かったことが特徴であり、「お金のある人は北陸でゆったりと」「節約したい人は能登で安上がりに」という
すみ分けもあったかもしれません。定期運転を終了したのもやはり同じ2010年3月改正(北陸は”廃止”)で、北陸号との結び付きは、かなり強いものがありました。

能登号の489系には、間合い運用として、上野口でのホームライナー運用がありました。ホームライナーで普通車扱いのグリーン車に乗った・・・という方も多いのではないでしょうか。












夜汽車の残像トップへ