大阪に赴任してからというもの、北海道や東北は遠いものになってしまいましたが、その代わり九州や四国が身近になりました。
遠くなるところがあれば、近くなるところもある。とにもかくにも、任期付きである以上、大阪にいるからこそのことをしなければなりません。

北海道ほど魅力的なところとは言われなければ、九州ほど広く見どころが多いわけでもない。それが”四国”というもの。
しかし、我々は、もしかしたら、まだ四国が持っている本当の素晴らしさに気が付いていないだけなのかもしれません。

夏の四国は暑く、決して快適な旅路とは言えないことでしょう。それでも、2021年夏、私の興味関心は、完全に四国に向いていました。
いいことは、きっと、四国にある。いいことは、きっと、四国から始まる。根拠があるわけじゃあないけれども、心がそうしろと語っている。

魅力あふれる何かに触れるたびに、内心はこう思うのでしょう。「どうしてこうも素敵なのだろうか、四国は?」。
そのとき、答えは四国の風に乗って、どこからともなく現れるはずです。「だって、それは四国だから」と。


TOP                    10  11

DISCOVER どこかのトップへ

66.7‰のトップへ